ARTICLE
ありえない信濃町通信

TOP > ありえない信濃町通信 > 終了【先着30名!2/18東京開催セミナー】セカンドキャリアから考えるこれからの自分の生き方

終了【先着30名!2/18東京開催セミナー】セカンドキャリアから考えるこれからの自分の生き方

ありえない、仕事

終了【先着30名!2/18東京開催セミナー】セカンドキャリアから考えるこれからの自分の生き方

この度信濃町では、日本最大級の地域発信型ソーシャルグッドマガジン「LOCAL LETTER」とタッグを組み「セカンドキャリア」をテーマにしたセミナーを開催します。

働き方や生き方の多様化が急速に進み、人生100年時代ともいわれる現在、今後の人生をどのように歩んでいくべきか悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

・年齢を気にしてしまい、今更キャリアチェンジすることに抵抗がある
・定年を見据えた時に、この先どうすれば良いのか分からない
・新卒で就職したものの、このまま同じ場所で働き続けるのか迷っている
・新しい挑戦をしたい気持ちもあるが、これまで積み重ねてきたキャリアと天秤にかけてしまう
・東京以外の場所で働く、暮らすという選択肢があるとは思うが、はじめ方が分からない

今回のセミナーはそんなあなたのためのイベントです。

自分の生き方をDIYしている人が多い」。そんな風に語られる信濃町でセカンドキャリアをスタートさせたゲストをお呼びし、キャリアの転換期とどう向き合ったのか、どのように人生を歩んでいるのかなど、実践者ならではのリアルな話を伺っていきます。

また、二部制での開催を予定している当イベントの第一部では、これからの人生について考える上でのヒントになるような「価値観」ワークショップをご用意!

改めて、一度立ち止まって自分と向き合ってみたい方、より自分ごととしてトークセッションを聴きたい方は第一部から参加してみるのがおすすめです。

それぞれの転換期で悩みを抱えている人たちと共に、これからの自分の人生について考えてみませんか?

こんな人におすすめ

・セカンドキャリアについて悩んでいる方
・いろんな世代と関わりながら自分の人生について考えてみたい方
・信濃町や地域への移住に興味がある方
・最初の一歩を踏み出すきっかけが欲しい方

おすすめポイント

・信濃町で実践している方から直接話を聞くことができる
・他の参加者がどう考えているのか知ることができる
・開けた空間で肩の力を抜いて参加することができる

イベント内容

イベント概要

<日時>
2/18(日)14:30-17:30(二部制/どちらかのみの参加可)

<開催場所>
+NARU NIHONBASHI
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目4−12 カネダ日本橋センタービルディング 1階

<第一部>
14:30-14:40 開会
14:40-15:10 ワークショップ1「大切にしたい価値観について考えてみる」
      モデレーター:田村結奈
15:10-15:40 トークセッション1「キャリアの転換期・分岐点」
      ゲスト:池田亜紀子さん/豊瀬正彦さん
15:40-15:50 質疑・応答

-休憩-

<第二部>
16:00-16:30 トークセッション2「理想の人生のつくり方と信濃町という選択肢」
      ゲスト:池田亜紀子さん/飯田和馬さん
16:30-16:40  質疑・応答
16:40-16:50  信濃町について
16:50-17:20  交流
17:20-17:30  閉会

<参加費>
寄付制 ※参加費は全額、姉妹都市である【石川県能登町】への災害支援金として寄付いたします。

申し込み

申し込みはこちらのPeatixページよりお願いします。
https://peatix.com/event/3829496/

トークゲスト

1人目 池田亜紀子(いけだ あきこ)さん

東京出身。転勤族だった家族とともに海外と日本を行き来しながら育ち、2022年春、家族とともに東京から信濃町へ移住。2020年に東京でオープンした自然に寄り添った商品を取り扱う店「siki」も移住に伴い移転。8月に信濃町でリニューアルオープン。

2人目 豊瀬 正彦(とよせ まさひこ)さん

愛知県出身。大手電機メーカーに就職、愛知県内で勤務後、転勤先の東京で30年以上暮らす。同社を早期退職し、2021年信濃町に移住。信濃町では自ら農作物を栽培するかたわら、地域活動にも積極的に参加。信濃町の富が原地区で地域づくり活動を行う「富が原未来創生会議」のメンバーとしても活動中。

3人目 飯田 和馬(いいだ かずま)さん

2020年11月後半に信濃町へ移住。大企業2社、中小企業1社を経て信濃町でスーパーフリーランスへ。小さい頃から自然、雪、アウトドアが大好きで、自然あふれる場所で暮らすことを夢見て信濃町に古民家を購入し移住。「ネット環境さえあれば仕事ができる時代を山奥の田舎集落でどう生き抜くか?」をテーマに、この「ありえない、いなかまち。」で人脈0から【仲間】と【仕事】と【暮らし】を作り上げていく生き様を発信。

これまで積み重ねてきたキャリアや年齢に後ろ髪を引かれて、なかなか一歩を踏み出せなかった方、踏み出し方が分からなかった方。是非この機会にまず、足を運んでみる一歩を踏み出してもらえればと思います!

皆様のご参加をお待ちしております。

申し込みはこちら

https://peatix.com/event/3829496/

お問い合わせ

長野県信濃町役場まちづくり企画係 026-255-1007 kikaku@town.shinano.lg.jp

ライター 地域おこし協力隊

信濃町の地域おこし協力隊です。2019年に信濃町に移住してきました。週末は野尻湖に浮いているか、愛猫3匹とゴロゴロしながら、家から見える妙高山を眺めています。

\こんな記事も読まれてます!/